忍者ブログ
最早残骸
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BattleField4のオープンβに国内PS3からも参加可能だったのでやってみました。
正直長らくBF3をやっておらず(僕はラジコンと戦いたいわけじゃない!)、操作L1で構えてR1で撃つ操作に慣れることからまず大変で(遥か彼方の敵に向けてグレネードを放り投げたり頑張ってスポットしたり…)、同時に前作までの癖も出てきて(スポットしようとセレクト押して敵の前で棒立ちとか)、もう大混乱でしたが中々面白かったです。

で、個人的に注目したかったのがオプションに色覚異常向けのマーカーセッティングが用意されていたこと。BF3もパッチで追加されたらしいんですが(PC版だけ?いずれにせよ長らくやってないんで知らなかったです)、マジでありがたい。色覚異常の大半は赤緑型なので、味方をグリーン、敵をレッドで表示した場合、見境の無い殺戮者となるか誰にでも自愛の手を差し伸べる聖人となるかしかなく、いずれにせよチームプレイにはお荷物になりかねない存在でした。設定は三種類あり、色覚異常の8割を占めるDeutan(二型色覚)向け、2割を占めるProtan(一型色覚)向け、そして極めてレアなTritan(三型色覚)向けです。適用してみると確かに明確に敵と分隊が異なる色になり、覚えれば見分けられそうです(それぞれ何色になったかが分かるわけではないので「○色のマーカーに向かえ!」みたいな指示は無意味です)。日本では色覚異常が忘れられかけつつあると先日ニュースもありましたが、日本よりも色覚異常者の割合が多いとされる海外では要望も強かったのでしょう。赤が目立つ、見やすいというのは決して普遍的な表現ではないのです。

とまあ、そんなことにちょっとだけ感動したので書いてみました。
BF4は買うかもしれませんが、どうせならPS4でやりたい。幸い(?)Amazonで予約出来たんで、それを楽しみに。
PR
自分の担当した仕事を上司がお客さんにデモしている場には居合わせない方が良いということがよく分かりました。
はたらくって難しいですね。

そいえば来週すぐにも10月に入るということで、内定式のシーズンですか。
もう一年経つのかと感慨深くもあり。確か去年は台風が来ていてうちの内定式は延期でしたが。
その後は就職の準備をしつつも研究と修論執筆で、季節に合わせて日々色あせていった記憶が強く残っています。本当に時間が経つのは早い。体感として時間が早く過ぎる一方で、自分の成長は少なくとも自分の主観より早いと感じることはありません。いつになれば一人前になれるのか。


ふと唐突に、
          ____ 

        /_ノ  ヽ、_\ 
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ 
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒) 
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/     
|     ノ     | |  |   \  /  )  / 
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    / 
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l 
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


↑この手振りしながら「ばんばんばん!」って態々言ってた
大学時代の某友人を思い出して無性に懐かしくなりました。
最後に会ってからまだ半年も経ってないですが……。

懐かしいと言うとガンダムAGEのネタを見ると就活で石川行ったことを思い出しますし
みつどもえやお兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!は卒論時期を思い起こさせます。
ちなみに同時期の禁書とISは身内の葬式を思い出す。
最近だと、中二病やさくら荘を見ながら日々焦燥感に駆られて過ごした修士2年の冬と
ガルパンに逃避した正月、そして夜中に俺修羅見ながら実験結果整理した修論なんかでしょうか。
アニメって単体での良さもありますが、僕にとっては「これがやっていた時は……」と自分の生活、
その時の記憶にリンクして思い起こされるというのも
好きな部分です(僕の場合ドラマとかだとあまりそんな風に印象に残らない)。
で、カラオケとか行って「ああ、この作品やってた当時は……」なんて思い出しながら歌うと、
何倍も楽しめるわけです個人的に。

こうやって懐かしさばかり求めるようになって、いい加減若いとも言ってられなくなりつつあるなと
痛感するわけです。
夏休みの後半戦が始まりました。
先週末には大学時代のサークル仲間と徹カラに興じたりしたんで実質それも夏休みだったんですが、まあ平日(?)に休めているのは今なんで今が夏休みなのは間違いないでしょう。
カラオケに関しては最初はガンダム関連を歌い続けるつもりだったんですが振り返ってみるとなんか女の子がたくさん出てくるアニメとかゲームの歌ばかり歌っていた気がします。下級生2とか映像あるんですね。あとねこねこ系の歌も色々歌いましたけど、流石のSFFさんのおかげでした。


先日プライベートライアンのBDを手に入れたんで見ました。昔、小学生だったか中学生だったかの時代にビデオで見たことがあったんで内容自体は知っていたんですが、今改めて見直して、その奥深さにどっぷりとのめり込んでしまいました。リアルなミリタリー表現や音声・映像の迫力、内容の面白さ等見どころは多いですが、全編に漂う厭戦感(反戦とは違う何かだと思います)がなんとも心を揺さぶりました。どこまで行っても、どのシーンでも、「何でここまでしたんだろう」と思わずにはいられない。一方で、「そこまでしないとどうしようもない」ということも頭では理解できる。そのやるせない感じが銃弾飛び交う激戦のシーンでも、静かな行軍のシーンでも、ずっと漂っていて、色々と考え続けてしまいました。そんな間に間に2時間50分の放送時間は終わってしまって、さて結局自分の中に何が残ったかと思っても、明確な形にならない。ただの反戦とは決して違う(やらないといけないことだったんだろうということは分かる)、消極的な厭戦みたいな物と言えばいいのか、不思議な気分になりました。長い割に中だるみもなく、恐ろしい映画だと思います。高校時代にバンド・オブ・ブラザーズも(おそらく全部)見たんですが、あれもそのうち見直してみようと思います。
あと、かの有名な戸田奈津子女史の「~~で?」が気になって仕方なかったのが若干マイナス。字幕消すか吹き替えで見ろってことですな。


あと何か書こうと思っていたんですが、忘れました。
所詮自分の日記に過ぎないんですしどうせ大した話じゃないんでこれぐらいにしておきます。

応援バナー
ソフマップ・アニメゲーム情報最前線

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
tkhk
性別:
男性
最新コメント
[04/06 tkhk]
[04/06 そーじろ]
[03/28 tkhk]
[03/28 asa]
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析
忍者ブログ [PR]